5歳にぴったりの
遊びが見つかるこどもちゃれんじのしまじろうクラブ

“5歳”オススメあそび・まなび

指示文をよく読んで、建物を建設していくゲームや、「擬態語」をテーマにしたゲームなどをご紹介しています。5歳のお子さまが楽しめる遊びを通して、自然と語彙を増やしていくことができます。

まちをつくろう!

先輩ママの体験談

工事の人に出される3つの指令にそって、町づくりのお手伝いをするゲームです。指令を完了すると「はなまる」がつくので子どものやる気があふれます。

「なにを何個なにに入れて運ぶ」というような指令を読んでは、指令を忘れないようにつぶやきながらクリアしていました。「はなまる」をもらえるのがとてもうれしそうで、また何の建物ができるかも楽しみにしていました。

りんごさん
6歳の女の子のおうちの方より

ふくをえらんで おもしろファッションショー

先輩ママの体験談

しまじろうと一緒に「よれよれ」「びりびり」「ふりふり」「ぶかぶか」といった形容詞に沿った洋服を選んで、ファッションショーを開催します!

自分も使ったことがある形容詞はすぐに理解できていたけれど、特に「よれよれ」という形容詞とあう洋服を迷って悩んで選択して、創造力を働かせている様子でした。間違えても、その形容詞の意味を教えてもらえ、「よれよれってこんな感じのをいうんだよ!」と教わった形容詞を私にも教えてくれました。

ゆきんこさん
6歳の女の子のおうちの方より

ログイン不要!無料!!

しまじろうクラブには他にも“5歳”のコンテンツがいっぱい!

ログイン不要!無料!! しまじろうクラブ
あそび・まなびページをみる
こどもちゃれんじってどう?

こどもちゃれんじ会員の方の体験談

幼稚園の年少の一年間、行きたくなくて泣いてばかりの毎日でした。「お母さんと離れるのが嫌だ」と言われ、どうしたもんだかわからないまま一年が過ぎ、年中になる前の春休み、何か自信をつけさせてあげよう、そうしたら、何か変わるかも!と思い受講をはじめました。 お兄ちゃんがやっていたのをどうもうらやましく思っていたらしく、自分にも教材が届いたときには、本当に大喜び!すぐに教材をあけ、中にあるものを全部出して、次から次にこれやりたい、あれやりたいとはじめました。最初は私と一緒じゃないと、ワークもそのほかの教材もできませんでしたが、今では、ワークを一人で解いてみたり、なぞりんマシンで一人で遊んでみたり、本当に驚きです。 幼稚園での生活にも変化があるようで、泣かなくなったのに加え、運筆の練習や、お絵かきなど、今までできなかったことができるようになり、楽しんで取り組んでいるとの事。自分はちゃれんじをやっているんだという自信が、いろんなところにプラスに働いているんだと思います。

〈こどもちゃれんじすてっぷ〉ご受講
男の子のおうちの方より

お子さまと一緒に
しまじろうも成長します

0さいから2〜3さい、5〜6さいへ

「しまじろう」はお子さまにとって等身大の友だちであり、時にはライバルとして一緒に成長していきます。

遊びをもっと楽しく、初めてのことにも勇気を出して挑戦できるようサポートします。

おうちのかたにとっても、お子さまとのコミュニケーションを豊かに円滑にするお手伝いを通して、親子の絆を深める役割を担う親子にとっての成長パートナーです。

詳細をみる