お子さまとのおでかけを
安心して楽しんでいただくために

新型コロナウイルスの影響もあり、お子さまとのおでかけを不安に思われているかたも多くいらっしゃると思います。ここでは、お子さまとのおでかけを楽しむために気をつけたいポイントと、安心しておでかけするための場所選びについてご紹介します。

医師:奥村雄一郎先生 大阪大学医学部医学科卒業。大阪大学医学部消化器外科学教室博士課程卒業。米国コロンビア大学留学。現在、クリニックフォア グループ 医師。

お話をうかがった 医師:奥村雄一郎先生

コロナ禍の生活も長期戦となり、緊張状態が続き、ストレスで受診される患者様も増えています。お子さまの心の健康を保つために、気分転換やストレス発散も大事です。正しい情報を知り、適当な予防策をとって、親子でおでかけを楽しんでみてはいかがでしょうか。

でかけるときは
お子さまと一緒に
感染防止策を再確認!

  • 1「でかける前」にやること

    • 体温を測る
      37.5℃以上あるときには出かけない
    • マスクをつける
    • ハンカチを持つ
  • 2「移動中」で気をつけること

    • マスクはつけたまま
    • 手で目や顔を触らない
  • 3「おでかけ先」で心がけること

    • 手洗い
    • うがい
    • 消毒をする
    • 大声を出さない

家に帰ってきたら
「手洗い」「うがい」を忘れずに!

ルールを まもって おでかけしよう!
~新型コロナウイルスに注意して
お出かけするときのお約束~

しまじろうと一緒に確認しましょう!

医師:奥村雄一郎先生

新型コロナウイルスに
かからないように
普段の生活で
気を付けることは?

新型コロナウイルスは口や鼻や目の粘膜から体内に侵入します。お子さまも含めて、洗っていない手で口・鼻・目を不用意に触らないよう注意しましょう。こまめな石けんでの手洗いと手指消毒を心掛けることで、体内に入ってくるウイルスの量を少なくするようにしてください。

知っておいていただきたいのですが、ウイルスが体の中に入ったら即感染するというわけではありません。身体の内でウイルスが増殖して、ある程度のレベルより増殖してくると熱や咳などの症状が出て、発症します。一人ひとり防御力が違うので、感染するかしないかは人ぞれぞれです。免疫力や体の調子によっても変わりますので、普段からの体調管理は最も大切です。

管理の行き届いた場所を選べば
より安心して
おでかけを楽しめます

お子さまとのおでかけを安心して楽しむためには、おうちのかたが感染予防について対策が取られている場所を選ぶことが非常に重要です。

入場者数を制限して、感染リスクを避けて営業する施設やイベントなど、適切な感染対策が取られた場所はたくさんあります。

たとえば、入場者数を制限したり、こまめな消毒を行って感染リスクを軽減して営業する施設やイベントは多くあります。
また、密閉空間のように感じられる映画館は一定の排気量の設備を備えることが各自治体の条例で定められていますので、窓がなくても換気が行き届いており、上映中に会話をすることはほとんどありませんので館内の換気がしっかりされていれば感染リスクを減らすことができると言われています。
さらに、大声での会話を控える、上映中のマスク着用などアナウンスを徹底しています。

しっかりと感染対策がされた場所を選択すれば、より安全にお子さまとのおでかけを楽しめますので、親子でリフレッシュできるといいですね。

新型コロナウイルス感染症にまつわる
よくある質問

「新型コロナウイルス感染症ってどんな病気?」
コロナウイルスは、一般には風邪の原因となるウイルスですが、新型コロナウイルス(COVID-19)は、その中で特に感染力が強く、命に関わる症状を起こす種類です。特に高齢者・基礎疾患のある患者さんにおいては、重篤な症状を引きおこし、命に関わることがあります。
2019年12月に始まった新型コロナウイルスの感染流行が今でも世界中で続いています。新型コロナウイルスは、もともとはコウモリのコロナウイルスだったと考えられています。ウイルスは変化のスピードが速く、変異株などが現れやすいという特徴があります。
「熱が出たらどうすればいいの?」
かかりつけの先生か、保健所が公表している発熱患者を診ている病院を受診しましょう。新型コロナウイルス感染症は、初期症状が一般的な風邪と見分けがつかないことが多い反面で、感染力が高いため、積極的にPCR検査をするべきとされています。ただし、その際にはきちんとした医療機関で検査を受けることが大切です。医師の診察を受けた上で、その場でP C R検査が受けられる発熱外来がある病院やクリニックが良いでしょう。
「新型コロナウイルス感染症の検査は?」
大きく分けて2種類の検査があります。
  • 1. )「今感染しているかどうか」がわかる検査には、PCR検査と抗原検査があり、どちらもウイルスそのものを検知します。
  • 2. )「過去に感染していたかどうか」を調べる検査には、抗体検査があり、ウイルスと戦って作られた特異抗体を検知することで、過去に感染していたかどうかを調べる検査です。
  •  
PCR検査は、ウイルスの遺伝子を増幅し感知する、極めて鋭敏な検査です。世界標準として新型コロナウイルス感染症の診断にはPCR検査が広く行われ、陽性・陰性の確定診断に用いられています。PCR検査は感度が高い一方、検査時間が長い・費用が高い、といった短所があります。きちんと品質が担保された医療機関での検査と格安の自費PCR検査では精度に大きな差があることが分かっており、社会問題となっています。
医師:奥村雄一郎先生

新型コロナウィルスやお子さまの健康について
詳しい情報・新しい情報を掲載しています。

クリニックフォアグループ

https://www.clinicfor.life/