スペシャル情報 スペシャル情報

30周年 こどもちゃれんじ 30周年 こどもちゃれんじ

2018/02/15
ゲスト声優(AKB48樋渡結依さん/SKE48鎌田菜月さん/NGT48村雲颯香さん)インタビュー

AKB48 樋渡結依さん

―「しまじろう」や「こどもちゃれんじ」についての思い出を聞かせてください。

「こどもちゃれんじ」で覚えているのはダンスのビデオ。みみりんがすごく好きでした♪ とりっぴいのとぼけた感じも好きなんですけど、みみりんがいちばんかわいいキャラクターだなあと思っていて、今でも好きだったので、今回映画で一緒にしゃべれているのがすごく不思議な感じがしました。嬉しかったなあ。

―実際にアフレコをしてみてどうでしたか?

アフレコは子役の頃に1回やったことがあるだけだったので、ほぼ初心者ですごく難しかったです。やり始めたらだんだん緊張が解けてきたんですが、最初は自分でもびっくりするぐらいすごく緊張していました(笑)。

―ご自身が演じた役柄について教えてください。

もともとしまじろうに出てくるキャラクターは顔がみんなすごく可愛いんですけど、目がクリっとしていてホントに愛らしいんです。
村人たちは映画の中でしまじろうを応援したり、魔法を使ったり、歌を歌ったりするんです。歌いながらお祭りの準備をするシーンでは楽しそうに歌うよう心がけました。自分なりにたくさん準備していったので、思ったよりはできた…かな?(笑)

―映画を楽しみにしている皆さんにメッセージをお願いします。

今回の映画は参加型で小さい子でも楽しめるようになってるし、内容もあったかくて、心が優しくなれるような内容なので、家族みんなで楽しんでもらいたいです!
みんなでしまじろうを応援するシーンもあるので、一緒に手に汗にぎりながら見てもらえればいいなって思うし、親子で参加できる映画なので、大人の方もぜひ一緒に楽しんでほしいなと思います。

SKE48 鎌田菜月さん

―「しまじろう」や「こどもちゃれんじ」についての思い出を聞かせてください。

しまじろう(パペット)は、ちっちゃい頃、気付いたらもう隣にいました。お母さんが妹にかまいっきりになっちゃって寂しい時に一緒にいてもらったなあ。お風呂も一緒に入ってたんですよ(笑)。

―実際にアフレコをしてみてどうでしたか?

私はアニメやマンガが大好きなので本当に感動でした。しかもずっと好きだった「しまじろうの世界」に自分が入れるというのが、すごく嬉しかったです。緊張はあったんですけど、現場のあったかい空気のおかげで、終わった後は「ああ、楽しかったな…」って余韻にひたっちゃいました。最初の声優のお仕事が、しまじろうで良かったです!
そして、SKE48で活動していて良かったなって思いました、ほんとに(笑)。しまじろうはちっちゃい頃の憧れだったし、それを知っている母もすごく喜んでくれて。親孝行できました♪

―ご自身が演じた役柄について教えてください。

私の役の子は、怒ってるシーンとか、感情をドーンと伝えるシーンがたくさんあるんです。私は日常生活で怒ることがまずないタイプなんですけど、このオレンジの小さな魔法使いちゃんを演じている時は普段の私にはない、感情を前面に出すイメージでがんばりました! この子を演じてみて、感情を表現することの大変さや大切さを学びました。

―映画を楽しみにしている皆さんにメッセージをお願いします。

とにかく楽しんでほしいです。歌ったり踊ったり応援したりしながら、映画って楽しいなって思ってもらえたらいいな♪ まだ映画館で映画を見ることを体験したことがない子もきっといると思うから、この映画を見て「映画って楽しいんだ」って思ってほしい。映画館って暗くて怖いイメージがある子もいると思うので、そういうのがなくなればいいなって思います。

NGT48 村雲颯香さん

―「しまじろう」や「こどもちゃれんじ」についての思い出を聞かせてください。

姉も私も「こどもちゃれんじ」をやっていたので、家にしまじろうのパペットがあって、年の近い姉と一緒に遊んでいました。二人分の教材やビデオ、本も姉妹で一緒に見ていました。工場見学の映像やしまじろうのアニメ、英語の勉強ができる映像などもいろいろ見たりして、小さい頃にいろんなことを学べたのは本当にしまじろうのビデオのおかげだと思います。

―実際にアフレコをしてみてどうでしたか?

私はもともと、アニメやゲームが大好きで声優にも挑戦してみたいと思っていたので、今回素晴らしい機会をいただいて、さらに声優というお仕事に興味がわいてきました。本番は緊張しましたが、「アニメの中でしまじろう達もがんばってるから私も!」と思いながらがんばりました。 難しかったのは、実際はマイクに向かって話しているのですが、アニメの中ではキャラクター同士が会話しているんだというところ。そういう「アニメの中で自分が今いる世界」を考えながら演じる難しさや楽しさを学ばせていただきました。

―ご自身が演じた役柄について教えてください。

役柄は赤い服を着た村人で、可愛い小さな魔法使いなんです。村人みんなそうなんですが、すごく丸くて、私は個人的に羊っぽいと思っていて。私もニックネームが「もふちゃん」なので羊キャラで、サインも羊のマークを入れていたりするので、ちょっと嬉しいなと勝手に思っていました(笑)。

―映画を楽しみにしている皆さんにメッセージをお願いします。

この映画は、しまじろうたちの大冒険という感じで、しまじろうたちが何回もピンチになります。でもそういう中で、みんなで協力しあいながら立ち向かっていきます。そんな姿をたくさんご覧になれると思うので、見に来てくださった方にもその姿を見て元気や勇気をもらってほしいです!

★いかがでしたか?3人のインタビューのすべては、3月上旬にYouTubeでご紹介していきます。お楽しみに!

2018/01/22
オリジナル英語番組『しまじろうのえいごでFun Fun Time!』
J:COMオンデマンドで2月1日より配信開始

映画しまじろう「まほうのしまの だいぼうけん」公開を記念して、「J:COMオンデマンド」で『しまじろうのえいごでFun Fun Time!』を2018年2月1日から無料で配信します。
ちいさなお子さまが英語を楽しめるよう、しまじろうと一緒に歌やダンスを交えて英語で遊べる番組です。ぜひ親子でお楽しみください。

> 詳細はこちら

オリジナル英語番組「しまじろうのえいごでFun Fun Time!」 オリジナル英語番組「しまじろうのえいごでFun Fun Time!」
2017/12/12
テーマソングはゴスペラーズ書き下ろしの新曲
「まっすぐな橋」に決定!

あきらめないで前にすすむしまじろうたちの姿を、優しいハーモニーがドラマチックに盛り上げます!今回のテーマソング解禁に際し、ゴスペラーズからもコメントが到着致しました。

「かわいい子には旅をさせよ」とことわざにもありますが、冒険の旅に出るほうも、旅に出して帰りを待つほうも、離れた場所からお互いを思って見えない心のやりとりをしているのではないでしょうか。「まっすぐな橋」は、そんなただいまとおかえりとの間に架かる橋の歌です。こどもさんも親御さんも、聴いて下さいね。

酒井雄二(ゴスペラーズ)

テーマソングはゴスペラーズ書き下ろしの新曲「まっすぐな橋」 テーマソングはゴスペラーズ書き下ろしの新曲「まっすぐな橋」
  • おはなし
  • 劇場・チケット
  • 動画
  • ゲーム・スタンンプ
  • イベント
  • 映画の特徴
  • スペシャル情報

「映画しまじろうまほうのしまのだいぼうけん」をおともだちにシェアしてね!