あそびでまなぶ「ぷちしま部」あそびでまなぶ「ぷちしま部」

今月のPICKUPあそびこの時期楽しみたい!
乗せ降ろし遊びって?

詳しく見る閉じる

1~2歳は、見る・聞く・さわる・なめるなどの遊びから、乗せる・押す・引く・出すなどの感覚運動的な遊びによって、まわりの世界を把握し認識します。
動かしたいものを選び、それを別のものの上に乗せたり、はめたりを繰り返して楽しむ時期なので、「乗せ降ろし遊び」はぴったりの遊びです。手指を使った遊びを繰り返すなかで、「次は何を乗せよう?」「乗せたらどこまで走らせよう?」といった考えも育まれます。

また、好きなことは、何度も繰り返す時期です。乗せたり、降ろしたり、汽車を走らせては降ろしたり…など、飽きずに繰り返しを楽しむお子さんもいるかと思われます。おうちのかたは、その「繰り返すこと」をうまくサポートしてあげましょう。
「最初はぞうさん、次はうさぎさん、最後はライオンさん。」などと順番を意識した声かけをすることで、遊びの中で社会性の土台も築くことができます。もちろん、理解するところまではまだまだ難しいこともあります。

乗せたり降ろしたりの遊びをしながら、動物たちに出会わせて「こんにちは・さようなら」と挨拶のごっこ遊びを取り入れるのも楽しいです。
また、遊びに連続性や物語性をもたせるのもいいですね。幅広のマスキングテープに線路を書いてつなげれば、汽車をくるりと1周させることができます。ただ汽車を走らせるだけでなく、線路の上を走るということも楽しめるポイントです。
おうちのかたがほんの少しナビゲーションしてあげるだけで、子どもの遊びはぐんと広がります。

お話を伺った先生

秦野 悦子 先生はたの えつこ

白百合女子大学教授。専門は発達心理学(言語発達、障がい児のコンサルテーション、子育て支援)。臨床発達心理士。わかふじ幼稚園園長。

閉じる閉じる

先輩ママに聞く!ワタシのギモン仕上げみがき&自分みがき、
それぞれどうしてた?

詳しく見る閉じる

歯みがきの雰囲気づくりって大切♪

はるきママ

2歳でイヤイヤ期が本格化すると、歯みがきギライはますます加速。ある日、たまたま泣かずに歯みがきができたので、たくさんほめてみました。いい雰囲気をキープしようと、次の日はしまじろうパペットを使って歯みがきをしたところ、泣かずにできました。さらに次の日は、別のぬいぐるみと一緒に楽しく歯みがき♪ タイミングなのか、毎日やるものと本人が納得したのか、その日を境にパッと泣かなくなり、自分でも歯みがきをするようになりました。

ライバル・しまじろうのおかげ

りえーたママ

子どもの両腕を足の下に入れて押さえながら仕上げみがき。ギャン泣きする子どもと1年以上格闘してきましたが、しまじろうの歯みがき映像を見せてからは、最初の数分間だけ泣かずに口を開けてくれるようになりました。まだ歯みがきの最後には泣いてしまいますが、息子にとってライバルであるしまじろうのまねをして、がんばっているようです。自分みがきは、歯ブラシをかじって遊んでいるだけでまだまだかな…。

歯みがき応援団結成!

ぽんママ

自分で自分で!の気持ちが強い時期は、子どもが納得するまで歯ブラシを持たせてあげました。仕上げみがきでは、しまじろうパペットや指人形、手のひらサイズのマスコットをいくつか用意。「今日はどの子に応援してもらう?」と娘に選ばせると、ゴキゲンで自ら膝の上にゴロン!パペットやマスコットを手に持って「○○ちゃん、きれいにみがけているね。」「歯がピカピカだね!」などと声をかけると、歯みがきのやる気が出るようです。

編集部からのコメント

たくさんほめたり、映像で意欲を高めたり、大好きなぬいぐるみで誘導したり、みなさんいろいろと工夫をされているようです。お子さんに合った方法を見つけて、歯みがきタイムが少しでも楽しくなるといいですね!

閉じる閉じる

親子あそびレシピしまじろうを連れて、
春ピクニックに出かけよう!

詳しく見る閉じる

しまじろうを連れて、春ピクニックへ。しまじろう専用の「きりかぶ」は、ペットボトルにパペットを乗せると、しまじろうがいい子でお座り。ごはんも一緒に食べられるし、写真撮影だってゆっくりできます。日差しも暖かくなってきたので、簡単に作れるサンバイザーもご一緒に。帽子が嫌いな子も、しまじろうと一緒ならかぶってくれるかな?

しまじろうが座れる!「きりかぶ」の作り方

材料

  • ・段ボール
  • ・はさみ
  • ・水を入れたペットボトル
  • ・セロハンテープ
  • ・油性ペン
  • ・色画用紙(緑・茶)

段ボールを、高さ6cm×幅1mに切る。半分ほど水を入れたペットボトルに巻きつけ、巻き終わりをセロハンテープで接着。

高さ6cm×幅30cmの茶色の色画用紙を段ボールの上にテープで貼りつける。油性ペンなどで木目を描き、余った茶色の色画用紙で枝、緑色の色画用紙で葉っぱを作り、貼りつけたら完成。

しまじろう専用!「サンバイザー 」の作り方

材料

  • ・色画用紙
  • ・はさみ
  • ・ボールペン
  • ・輪ゴム

好きな色の色画用紙を横に置き、写真のように下書きする(だいたいでOK)。

はさみで切ったら写真のように折る。「ツバ」が丸くカーブする部分は、曲線部分にボールペンなどで溝をつけ、サンバイザー全体を曲げながらゆっくりと山折りにしてカーブを作る。

両端3cmの所で折り返し、間に輪ゴムを挟みセロハンテープで接着したら完成。

造形作家・おもちゃ作家

佐藤 蕗さとう ふき

1982年愛知県生まれ、一児の母。育児をしながら作っていたおもちゃが反響を呼び、造形作家として、雑誌、Web、テレビで活躍中。新しい遊びもWebで随時公開中。「佐藤蕗」で検索できます。
http://fuki.petit.cc/

閉じる閉じる

絵日記連載1 石塚ワカメお嬢、参上

詳しく見る閉じる

おうちのかた向け情報誌でおなじみのイラストレーター、石塚ワカメさん。「ぷちしま部」では、ハイパーハッスルBOY坊くんの妹こと「お嬢」を主役にお届けします。

みなさま、こんにちは。イラストレーターの石塚ワカメと申します。坊に5歳差の妹(お嬢)ができました。お嬢もなかなかパワフルで目が離せませんが、予想外に坊が優しいお兄ちゃんをしてくれています。そんなお兄ちゃんに憧れているのかいないのか、坊のやることをいろいろまねしたがるお嬢。最近坊の電動歯ブラシにも目をつけているので目が離せません。

作者プロフィール

石塚ワカメ(育児絵日記ブロガー)

毒舌・インドア・人見知り。5歳違いの兄妹のアラフォー母が、キラキラしていないリアルな育児絵日記をつづる。著書に『毎日が育ジーザス!!』(主婦の友社)。
ワカメ絵日記(http://wakame-enikki.net/

閉じる閉じる

絵日記連載2 鳥頭ゆばいちご狩りへGO!!

詳しく見る閉じる

人気上昇中の鳥頭ゆばさんによる絵日記連載が「ぷちしま部」でもスタート。寝ているとき以外は常に走り回っているパワフル女子「ポケ」の様子をお届けします。

初めまして、こんにちは!鳥頭ゆばと申します。
現在は4歳の娘ポケと0歳の息子ユズを育てているズボラ主婦です。インドアすぎてママ友ゼロですが、ぼっち育児を楽しんでいます。漫画は娘のポケが2歳あたりの頃を振り返って描いております。のんびり屋の息子とは違って大変パワフルな娘なので、少しでも笑える育児漫画をお届けしたいと思っております。

作者プロフィール

鳥頭ゆば(イラストレーター)

4歳の娘と0歳の息子がいる、お絵かき大好き30代主婦。コーギーと猫(その他小動物)に囲まれ毛だらけの毎日。著書に『ぼっち育児楽しんでます』(KADOKAWA)。
巣ごもりゆばさん
http://sugomori-yuba.blog.jp/

閉じる閉じる

<こどもちゃれんじ>を楽しむお子さんの写真に#ぷちしま部をつけて投稿しよう!<こどもちゃれんじ>を楽しむお子さんの写真に#ぷちしま部をつけて投稿しよう!