もどる
まずは、気持ちを分かってあげてから・・・。

何にも分からない時は、「どうぞ」「順番」が守れたのに、
自我が出てくると、なかなか上手に貸し借りができませんよね。
無理やり取り上げても、何の解決にもならないので、
「そうだね~素敵なおもちゃだもんね。大好きでずっと遊びたいよね。わかるよ」
とわが子の気持ちもきちんとわかってあげてから、
「素敵なおもちゃだから、お友達も遊びたいんだよね。待ってるよ。10、数えたら貸してあげようか?」
「貸してあげれたら、お友達も喜ぶよ。ママもうれしいな」
と説得します。
それでもダメな時は、気分転換に、その場から少し離れて、落ち着いてから、また話をします。
貸してあげれたら、すっごく頑張ったわが子をほめてあげて。
すこしずつ、すこしずつ。
焦らないで。

まだコメントが登録されていません。

おすすめトピックス

こどもちゃれんじの関連教材

〈ぷち〉

1・2歳の「やってみたい!」の意欲を引き出し成長の芽をたくさん育める講座です。

  • 今お届けしている教材は、下のボタンからご確認ください。
教材の詳細をみる

<こどもちゃれんじぷち>の
おすすめコンテンツ・サービス