もどる
「トイレでおしっこが出ない」の参考策

昔からの方法ですが、「しーー」と擬音を言ってあげる方法。
イメージしやすく、出る可能性が高いのだとか。

もし、抵抗がないようであれば、一緒にトイレに行って、
ママやパパがしながら「しーー」と言えば、すぐに理解します。
理解できたからと言って、子供自身が自分の身体をコントロール
するのは別の問題なので、1〜2回見せれば十分です。

ちなみに「濡れて不快な思いをすれば覚える」は疑いがあるそうです。
(それなら、どの子もすぐに出来るようになりますよね?)

あとは、子供自身が一度成功すればしめたものです。
成功してからも、出たり出なかったりですが、気にせず(重要)
めげずに毎回言ってあげると、必ず習慣になります。

「しーー」=おしっこ!が出来上がれば、
例え少量でも、外出先でも条件反射で出すようになります。
(お出かけなどに便利なので、おススメです)


もう、トイレは知っているでしょうから、あとは1日1回トイレに座らせつつ、身体の成長を待つもの良いと思います。
(1日1回で十分!誘い過ぎると嫌がられる)

「トイレに座らせても出ない=自分の身体の感覚がわからない」可能性が高く、一定の条件下で成功しなければ、身体の成長がトイトレには「ちょっと早いかな?」な場合が多いようです。(まはた、イヤイヤの反発心)

そのうち「出ちゃった」が来ますから、それからでも良いと思いますよ〜

まだコメントが登録されていません。

おすすめトピックス

こどもちゃれんじの関連教材

〈ぷち〉

1・2歳の「やってみたい!」の意欲を引き出し成長の芽をたくさん育める講座です。

  • 今お届けしている教材は、下のボタンからご確認ください。
教材の詳細をみる

<こどもちゃれんじぷち>の
おすすめコンテンツ・サービス