もどる
しつけ・生活習慣

聞き上手になる方法、知りたいです!(3~4歳)

同年代のお友だちに比べておしゃべりの発達がゆっくりなうちの子。親としては子どもにおしゃべりを引き出してあげたいと思いつつ、ついつい「○○なんだよね?」「○○したい?」など、決めつける聞き方をしてしまい自己嫌悪に…。語彙が少ない子どもの話を上手に聞いてあげる方法があればぜひ教えてください!

52拍手

この投稿へのみんなのコメント

  • なるべく

    子どもが話しかけてきたときには、用事をしていても、手をとめて、子どもの顔を見て話を聞くように心がけています。

    相槌を打って、子どもの話を奪ってしまわないように努力しています。

  • 気持ちを大切にしてあげたい

    「~なの」って話してきたら「~なの?」、「~だった」って報告してくれたら「~だったの?」とオウム返しのように話を進めるように心掛けています。そうすることでこちらが答えを出してあげなくても二転三転しながら「やっぱりこうしよう」とか「うーん」って考えたりしています。最終的に困っていたら、あんなのもこんなのもあるよっていくつか提案してみることもありますけど。
    小さいときはそんなに考えられるかなって思いましたけど、それぞれ年齢にあってそれなりに考えることができるようになってきたと思います。
    答えは一つじゃなくていいと思うので、いろんな考え方をしてほしいと。だから、私からの要望、提案もできるだけ具体的にせず「どうしようか~」とか「どうしたい」「どう思う?」って投げかけにしています。・・・でもそれで収集がつかなくなるときもありますが(笑)

  • お話しりとり*^^*

    うちの息子は気づいたらおしゃべりさんになっていて、私もおしゃべりで、いつも出かける時は、しりとりをしたり、歌を歌ったりしています。

    しりとりはお話のように、「う」から始まる場合、「うさぎさんが石につまづいて転んだ」、次は「だ」で「だちょうさんがお水を飲んでいる」というように、ある意味適当に文章にしてつなげて遊んでいます。思い浮かんだ言葉をたくさん使えるように*^^*そして、つまづくって何?とかお水を飲むのは喉がかわいているんだね!とか、質問も増えたり、いろいろ考えたりして、また話す事がふえます。歌も替え歌だったりして、子供も笑いながら歌ったりして、言葉をたくさん覚えていったように思います。

  • 嬉しいと伝え、共感し、「ほかには無い?」を繰り返しています。

    まずは、子供に話しかけ、子供が話し出せるきっかけを与えます。話しをしてくれた事に対して、私がとっても嬉しい事を伝えます。次は、お話しの内容に対して共感します。できた事は「凄いね!」「もう、そんな事ができるの?」「やったね!」。できなかった事は「悲しかったね。悔しかったね。でも、次は頑張ろうね!」と、必ず励ましの言葉を付け加える事がポイントになります。最後は、「ほかには無い?」と子供が全てを話しきるまで聞き続けます。時間も根気も要りますが、ここに時間を使う事は、今後のコミュニケーション力を養う意味で、とても重要だと思います。

  • 質問するとき2たくにしない

    「イエス」「ノー」で答えられる質問ばかりにしてしまうと語彙は増えにくいように思います。
    出来るだけ詳しくお話しをしてもらうために、「どうして?」「なぜ?」ときいてみるほうがいいとおもいます!

    うちにも、5.4.2歳児がいますが、3番目が一番言葉の発達が遅いです。おそらく何も言わなくても周りが解ってくれちゃうからだと思います。

    いっぱいしゃべらした方がいいんだなと、日々感じております!

  • お話タイムを作る

    7歳4歳1歳の男の子がいます。
     我が家の4歳児の場合、なにげなく「昨日何したっけ」「スーパーで何買ったっけ」などという質問をします。あえて買ってない物を言ってみたり。
     あと創作でお話を作ったりします。人形を利用して「クマさんとウサギさんがいました」「天気はどうする?」「ピクニックすることにしました」「お弁当持ってく?」「お握りにする?サンドイッチにする?」と所々質問を入れてお話を作らせると喜びます。
     ままごと遊びをすると想像力が働いて良くお話するように思います。

  • 子どもの言葉を反復する。

    子どもが言った言葉を、そのまま「○○か~」「○○なんだね~」と反復します。そのうえで、「○○ってこういうこと?」「○○ってなに?」と反応すると、子供は、自分の言ったことをちゃんと受け止めてもらえてる、と喜んで、もっと話そうとしてくれました。子どもが言った言葉を、一旦そのまま繰り返すことで、自分もしっかり話を聞けていたような気がします。

  • 簡単な質問から。

    例えば、おやつを食べる時に選択肢を出して、喋らせるようにする(クッキーかケーキどっちがいい?など)
    お散歩してる時にきれいな花だね〜とか、テレビで見てたものがあれば、あれ何だったけ〜など単語から徐々に文にしたり。

    あとはママ以外の人と喋る機会があれば、喋らんと伝わらないんだと実感して一生懸命伝えようとし始めると思います。

  • ママのお話をきいてもらうというのは?

    お子さんに質問するのではなく、今日はいい天気だね!とか
    毎日話を聞いてもらうというのはどうですかね?こんなことがあったよとか、これが困っているんだとか。ママの聞き相手になってもらうというのは・・・4歳の娘もあまりしゃべらなかったのですが今では機関銃トークで
    家族でお手上げ状態・・・(笑)
    しゃべったらしゃべったでうるさーいといわれてしまうんですよね。
    いつかはお話します。あまり心配しないでくださいね。
    話しかけるのはとても◎だと思いますよ。
    お互い子育てがんばりましょう!お正月楽しみましょうね!

おすすめトピックス

こどもちゃれんじの関連教材

〈ほっぷ〉

遊びが、学びへの一歩となるような1年をお届けします。

  • 今お届けしている教材は、下のボタンからご確認ください。
教材の詳細をみる
親子でいっしょに遊べる! <こどもちゃれんじ>ならではのゲーム・動画300個! 親子でいっしょに遊べる! <こどもちゃれんじ>ならではのゲーム・動画300個!

ほっぷコースにおすすめ!

3~4歳のお子さんに、大人気のアイテムご紹介!

同時受講がおすすめ!

〈こどもちゃれんじ〉と同時受講で、会員特別価格になります!

<こどもちゃれんじほっぷ>の
おすすめコンテンツ・サービス