もどる
しつけ・生活習慣

ほめ方・しかり方(2~3歳)

言葉が増えてきて、自己主張が強くなってきた昨今、ほめ方や叱り方についてどうしたらいいのか悩みます。みなさんのご家庭ではどんなときにほめて、どんなときに叱っていますか?

この投稿へのみんなのコメント

  • 危険な時

    道路に飛び出したり危険な行動をするときは叱ります。
    ほめるのは、できなかったことができたとき、お手伝いしてくれたときなどです。

  • ほめる時は、とことんまで。

    ほめる時は、
    「すごいね~上手にできたね~」と、
    ほめられている事がわかるまで、顔を見ながらほめ続けます。
    ほめ続けると、顔がほころんで「やったぞ!」
    みたいな顔になります。

    しかる時は、
    行けないと思いつつ、つい大きな声で叱ってしまいます。
    最近では何でもやりたがり、目が離せません。
    とにかく、危ない事やダメな事をした時は、
    その場で、しかるようにしています。

  • 子育ては根気

    ほめるのは、手伝い(お皿を下げたり洗濯物をたたんだり)をしてくれた時や、言うことを聞いてくれた時、友達におもちゃを貸してあげられたり、トイレでおしっこできたときなどに褒めています。

    しかるのは人に迷惑をかけたときや危険なことをしたとき。友達に乱暴したり公共の場で騒いだり、道路の真ん中を歩いたりしたときなどに叱ります。

    基本的に言うことを素直に聞かないので、多少のことは叱らないようになりました。私に口答えしたり、はさみを変な持ち方で持ったり、食事の好き嫌いが激しかったり・・・他にも数え上げたらきりがないです。

    かんしゃくを起こした時は、とりあえず本人の気が済むまで抱っこして暴れさせて、落ち着いてから言い聞かせています。しょっちゅうかんしゃくを起こすので、私が疲れたときはほっときます。

    私が怒りすぎた時は、一日の終わりの添い寝のときにフォローしています。

  • きちんとルールをもって。

    基本的にはできるようになったこと、出来なくても頑張った時は、ほめてあげます。
    「次も頑張ろう!」という気持ちになってほしいので、いっぱいほめます。
    叱るときは・・・。
    「危ないことをしたとき」
    「人に嫌な思いをさせたとき」

    まだまだ言っても分からないことが多いけれど、
    きちんと、話をします。
    どれだけわかってくれているかは、分からないけれど、
    人の気持ちがわかるやさしい子になってほしいと思って、話をします。

    家族でもきちんとルールがあったほうが良いと思います。
    「ママは叱るけど、パパは叱らない」
    だと子供も混乱するので。

  • 自分でできた時

    我が家の三男は9月で2歳になり「自分で」と言って自分でやりたがります。歯磨きも着替えも頑張ってやろうとするので、えらいね、とほめます。出かけるよ、というと「片付けた」と足こぎ車をもとある場所に片付けるし、おしっこをしたら「おしめ替える」と教えてくれます。うんちをしたら「うんちくさい」と言うのです。
    長男次男は2歳の時そんな芸当?はできなかったのでこの子は天才だ、と驚きの連続です。もう褒めてばかりです。
    ただ、階段をどんどん昇るし、公園でもとっとこ行ってしまうので危ないし、見ている私が怖いので、その時は叱ります。あと絵本を踏んだり、玩具を投げたりした時も叱ります。

  • 他の子供にゆずったとき

    兄弟などに、おもちゃなどをゆずってあげたらすごくほめてます。
    3歳なのに譲れるって、すごいとおもうので、べたぼめです!

  • 目を見て話す

    褒める時も、怒るときも、真剣さが子供に伝わるように、必ず目をみて話すようにしています。

    特に、子供が怒られているときは目をそらせがちですが・・・優しい口調で「こっちみてね」と一声かけるようにしています。

  • なるべく褒めています。

    来月4歳の娘がいます。
    2~3歳の頃も今も、ごはんをたくさん食べれた時やお片づけを頑張れた時等、なるべく褒めたり、ありがとうを言っています。

    叱る時は、人様に迷惑を掛ける様な時と生命に危険が及ぶ時は、
    すごい勢いで叱ります。泣かせてしまう事もある位。
    理解できていないかも知れませんが、理由とどうしたらいいかを説明します。
    例えば「病院は騒いだら迷惑なんだよ。しーだよ。」みたいな感じです。

  • メリハリをつけて…

    我が家の娘もやんちゃ全開です(泣)
    毎日毎日、冷蔵庫を開けたり引き出しの中を放りなげたり…

    叱っても、ニヘッて笑ってごまさかされたりすることもあり
    なかなか叱るのも難しいですよね。

    怖い顔をしたり大きな声を出しても、イマイチ響いてない我が娘なので、
    私は「悲しい顔」や「泣き声」でいうようにしています
    「こんなことをされると、ママは悲しい」とわかってもらえたらなぁと。
    1回で聞き分けが聞くことなんてまずないので
    根気がいりますが、何回も伝えています☆

    一方、褒めるときは、拍手したり、満面の笑顔で
    「すごいね、やったね」と抱きしめてみたり…
    まだおしゃべりがうまくない娘なので
    言葉というよりも表情や仕草のメリハリで
    褒めたり叱ったりしてます。
    お互い、大変な時期ですが、親子でできるだけ楽しく乗り切っていきたいですね♪

  • 目を見て伝える

    面白がってイタズラをする事が多いので、しっかり芽を読み見ていけない事を伝えるようにしています。

おすすめトピックス

こどもちゃれんじの関連教材

〈ぽけっと〉

2・3歳の「できた!」がたくさん生まれる体験をお届けします。

  • 今お届けしている教材は、下のボタンからご確認ください。
教材の詳細をみる
親子でいっしょに遊べる! <こどもちゃれんじ>ならではのゲーム・動画300個! 親子でいっしょに遊べる! <こどもちゃれんじ>ならではのゲーム・動画300個!

<こどもちゃれんじぽけっと>の
おすすめコンテンツ・サービス