もどる
何がしたかったのか

まず「○○したかったんだね」と、やりたかったことを聞きます。
そうすると落ち着くことがあります。

そのあと、やってはいけない理由と「こうするといいよ」という提示をしてみます。
子どものやりたかったことが、やっても目をつぶれることであればやらせることも。

自分でできないのにやりたいというときは、「お手伝いしてもいい?」と聞いてから、少しだけ手伝います。

成長とは思いながらもなかなか余裕を持って対応できませんが、できるときはこのようにしています。

まだコメントが登録されていません。

おすすめトピックス

こどもちゃれんじの関連教材

〈ぽけっと〉

2・3歳の「できた!」がたくさん生まれる体験をお届けします。

  • 今お届けしている教材は、下のボタンからご確認ください。
教材の詳細をみる

<こどもちゃれんじぽけっと>の
おすすめコンテンツ・サービス