花王株式会社は映画「しまじろうと にじのオアシス」を応援しています。

しまじろうと6つの手洗いポーズにチャレンジしよう!

親子で6つの手洗いポーズを覚えよう!

  1. 手のひらを合わせてスリスリ
  2. 親子亀のように両手を重ねてスリスリ
  3. 指と指を組んで三角の山をつくってゴシゴシ
  4. おおかみのように親指をつけ根からゴシゴシ
  5. バイクの運転みたいに親指を付け根からぐりぐり
  6. 手首を握って大きくグリグリ

しっかり手洗い6つのコツ

4~6は特に洗い残しが多い部位。おうちのかたの仕上げ洗いでフォローしてあげましょう。

スキンシップで増やす親子のにこにこ時間

親子愛をテーマにした映画「しまじろうと にじのオアシス」。
映画の中で、しまじろうたちは冒険を通してお母さんの愛情を感じますが、日常生活の中にも、お子さんがおうちのかたの愛情を感じられる場面はたくさんあります。

手をつないで歩く

おうちのかたと一緒にいる安心感を得られることで、初めての場所に向かうときなどもお子さんの緊張が和らぎます。

抱っこする

5分くらい抱っこする「ちょい抱き」で、お子さんの心が落ち着きます。この時間はほかのことは忘れて、お子さんだけに向き合いましょう。

体を洗う・
スキンケアをする

手のひら全体を使って体を洗ったり保湿クリームを塗ったりすると、お子さんの肌や心の状態を感じやすくなります。

スキンシップは親子の愛着を深め、
情緒を安定させます

頭をなでる、手をつなぐといったスキンシップをすると、脳内でオキシトシンという「絆ホルモン」が出やすくなります。このホルモンは双方の愛着を深めるほか、ストレスホルモンを抑える働きもあるという調査結果があります。ふだんからちょっとしたスキンシップを増やすことで、親子の愛着が深まります。

お話 山口 創先生

やまぐち・はじめ●桜美林大学教授。専攻は臨床心理学、身体心理学。親子のスキンシップが及ぼす影響について研究している。
「人は皮膚から癒される」(草思社)など著書多数。中学1年生と小学1年生の女の子の父。

ビオレuシリーズ
楽しくスキンシップ

家族みんなで使えるビオレuなら、親子のスキンシップを楽しみながら清潔習慣が身につきます。

うるおい守って楽しく手洗い

ビオレu
泡ハンドソープ

医薬部外品殺菌・消毒

ビオレu
泡で出てくる!
ボディウォッシュ

ビオレu
角層まで浸透する
うるおいミルク

スキンケアミルク

ビオレu
角層まで浸透する
うるおいバスミルク

入浴液

歌いながら楽しくポーズを覚えられる
「あわあわ手あらいのうた」も公開中

あわあわ手あらいのうた