いっしょに未来へ

【3年目の復興支援】子どもたちに遊び場を贈ろう

<こどもちゃれんじ>は、被災地の子どもたちへ少しでも笑顔をお届けできるよう、応援を続けてきました。
今後もみなさまの想いを集めた活動を継続的に実施していきます。

今だから、考えたいこと震災から2年以上。<こどもちゃれんじ>は子どもたちに笑顔を届けられるような応援を続けていきたいと思っています。3年目の復興支援を通じて時間が経った今だからこそ、命を守る大切さをもういちど考え、親子で防災について考えていただくきっかけになれたらと祈っています。

2014年5月4日、チャリティー絵本「じしんのときのおやくそく」の販売による収益のすべて、ベネッセからの支援金を社団法人ISHINOMAKI2.0様へ贈呈いたしました。今回贈呈した支援金とREADYFOR?でご支援いただいた金額を含めて、移動式遊具を制作します。ベネッセ・<こどもちゃれんじ>は、SHINOMAKI2.0様といっしょに移動式遊具をつくる活動を通じて、被災地の子どもたちの遊びの環境を整備する活動を支援いたします。

みなさまからお預かりした支援金の贈呈式を行いました。

2014年5月4日に石巻にて、チャリティー絵本「じしんのときのおやくそく」の販売による収益のすべて、ベネッセからの支援金を社団法人SHINOMAKI2.0様に贈呈いたしました。
当日石巻に遊びに行ったしまじろうが、みなさまを代表してお渡ししました。

2014年5月4日(日)贈呈式、ワークショップの当日の様子を動画でご覧いただけます。

石巻の子どもたちといっしょに移動式遊具を製作しました。

たくさんの子どもたちのもとへ遊びをお届けできるよう、車自体を土台として制作を進めている今回の移動式遊具。2014年5月4日には、移動式遊具の一部をつくるワークショップを開催し、たくさんの石巻の子どもたちが参加してくれました。

真っ白な車体に、想いをこめてカラフルな虹をペイント
みんなで車体に絵を描きました。七色に輝く虹と“石巻がんばっぺ”という言葉にたくさんの想いがつまっています。
遊具の中の一部も、石巻の子どもたちが手づくり
移動式遊具の中にはボルダリングできる壁を設置します。今回のワークショップでは、ボルダリングの足がかりを木で制作。たくさんの個性的な足がかりができました。
移動式遊具は7月の完成を予定しています。最新の情報はこちらをご覧ください。
詳細はこちら
※外部サイト「READYFOR?」ページへリンクします。

2014年5月5日に4年目の山田町を訪問をいたしました。

2014年5月5日には、山田町の山田八幡宮で行われた「子どもの日」イベントにしまじろうといっしょに参加させていただきました。2011年から4年目の訪問となった今年も、子どもたちのたくさんの笑顔と成長した姿に出合うことができました。

これまでの訪問を動画でご覧いただけます

1年目(2011年5月5日)
2年目(2012年5月5日)
3年目(2013年5月5日)

しまじろう絵本「じしんのときの おやくそく」引き続き、好評発売中!

ご好評いただきまして、しまじろう絵本「じしんのときの おやくそく」を引き続き発売!
万が一地震が起こったときに、どのように行動したらよいか、絵本を通じて、親子で考えていただけるきっかけにしていただけます。

【しまじろう絵本「じしんのときの おやくそく」】
・対象年齢:3歳以上
・価格:1,500円(税込)
・おうちのかた向け「防災HANDBOOK」つき

画像をクリックして拡大イメージを表示

絵本を購入する
※ベネッセの総合通販サイト「ライフスマイル」ページへリンクします。
販売による収益のすべては、被災地の遊び場支援のために使用させていただきます。

<こどもちゃれんじ>これまでの復興支援

こどもの未来応援プロジェクト
<こどもちゃれんじ>被災地支援活動2013~岩手県山田町~

<こどもちゃれんじ>では、子どもたちのもとへ少しでも笑顔を届けることができればという思いで、たくさんのかたのご協力をいただきながら、さまざまな形で支援を行ってきました。

PAGE TOP↑
【販売期間延長!】 チャリティー絵本『じしんのときのおやくそく』 小さな子どもと防災、役立つ情報満載!!
卒業生インタビュー