• 利用手続き
  • ログイン

MENU

こどもちゃれんじ各種手続きと変更はこちら

子育てニュース

逆上がり練習法【STEP 2】 ~体を支えたり、回転したりする感覚を覚える~

逆上がりの練習法をご紹介しましょう。前回のSTEP 1では、マットを使って後ろに回転する感覚をつかむ練習を説明しました。STEP 2では、実際に鉄棒にふれて、体を支える感覚や回転する感覚を覚えましょう。鉄棒の握り方には、手の甲を上にして上から握る順手(じゅんて)と、手のひらを手前に向けて下から握る逆手(さかて)の2種類があります。実際に逆上がりをするときには、最初は力が入りやすい逆手で、慣れてきたら順手で練習してください。このとき、親指を使わずに残りの4本指だけで鉄棒を握ると、回ったときに手が外れやすいので注意しましょう。まず、逆上がりに入る前に、順手で「スズメのポーズ」の練習をします。電線に止まっているスズメをイメージして、腕で体を支えて鉄棒の上で静止するポーズです。うまくバランスがとれないときには、おうちのかたが足を支えてあげてください。それができたら、「布団干しのポーズ」を練習しましょう。低い鉄棒の上に、干した布団のようにふたつ折りの状態でぶら下がるのが「布団干し」です。逆上がりで回るときに逆さまになる怖さを取り除くのに効果的です。次は前回りで1回転してみます。「スズメのポーズ」からスタートし、「布団干し」の形を経て、地面に足を下ろします。なるべく低い鉄棒を使って、着地するまで絶対に手を離さないようにしましょう。STEP 2の最後は、逆上がりのように後ろに回る感覚を身につける「足抜き回り」です。1)低い鉄棒にぶら下がります。2)両足を上げて、それを両腕の間(鉄棒の下)にくぐらせます。最初は鉄棒に足の裏を引っかけながら回り、慣れてきたらふれないように膝を十分に曲げて素早く回転します。回り終わったあとは、腕が少しねじれた状態になるので、痛めないよう気をつけてください。

ハンドル名

エラー
使用可能かチェック

使用できます。

※フルネーム(例:鈴木 花子)と誤解するハンドル名の登録はできません。

プロフィール写真

エラー

お子さまの写真登録

エラー

トップページにお子さまの写真を設定するには、情報登録が必要です。

※登録した写真は、ご自身のログイン後トップページにのみ表示されます。

お子さまの情報を登録

※お使いの端末によっては画像が添付できない場合があります。

キャンセルする 変更を完了する
閉じる

閉じる