• 登録する
  • ログイン

MENU

こどもちゃれんじ各種手続きと変更はこちら

子育てニュース

宇宙飛行士 山崎直子さんに聞いた、夢をかなえる読書術

スペースシャトルでミッションを成功させた宇宙飛行士の山崎直子さんに、読書で得たものについて語っていただきました。山崎さんが宇宙に興味をもつようになったのは、小学校低学年のときにSFアニメを見たことがきっかけ。宇宙に関する本に出合ったのもこの時期です。並行して、ファンタジーのシリーズや青い鳥文庫、少女マンガなども読んでいました。山崎さんはけっこうのめり込むタイプで、主人公になりきって、読み終わったあと何日もの間、頭の中でストーリーを考えていたそうです。高校生の頃は電車通学に片道1時間近くかかったので、その間が読書タイム。学校の先生にすすめられたアメリカの物理学者の本で物事の理科的な考え方にふれ、大変影響を受けました。大学では小説でSF作家の想像力のすばらしさを知ったそうです。現代にも通用するさまざまな概念にふれて、この想像力が世の中を導いているんじゃないかと思うことが今でもあるそうですよ。子どもの頃から漠然と「宇宙に関わる仕事に就きたい」と考えていた山崎さん。高校生くらいまで具体的なことはわからないままアンテナを張って、宇宙の本をたくさん読んでいました。宇宙への夢を膨らませるうえで、その影響は大きかったようです。今では、外国で宇宙飛行士として訓練をしたり、いろいろな国の宇宙飛行士や技術者と仕事をしたりすると、これまでに読んだ本が話題になって相手から共感を得たり、盛り上がったりすることもあるそうですよ。

ハンドル名

エラー
使用可能かチェック

使用できます。

※フルネーム(例:鈴木 花子)と誤解するハンドル名の登録はできません。

プロフィール写真

エラー

お子さまの写真登録

エラー

トップページにお子さまの写真を設定するには、情報登録が必要です。

※登録した写真は、ご自身のログイン後トップページにのみ表示されます。

お子さまの情報を登録

※お使いの端末によっては画像が添付できない場合があります。

キャンセルする 変更を完了する
閉じる

閉じる