しまじろうクラブ しまじろうクラブ

12月はクリスマス日めくりカレンダーをお届け!
ログインすると日替わりスタンプやコンテンツが楽しめるよ!

スタンプとは

MENU

こどもちゃれんじ各種手続きと変更はこちら

子育てニュース

杉山愛さんに聞いた「トップアスリートの人間力」と「スポーツの力」【後編】

輝かしい記録をもつ元プロテニスプレーヤーの杉山愛さん。ツアープロとしての生活や、世界のトップアスリートたちと過ごす中で得た「人間力」、そしてスポーツのもつ力についてお話をうかがいました。杉山さんは、年間約250日、週単位で各国を転戦するツアー生活を約17年間続け、グランドスラムにも連続62回出場しました。同じような過酷な境遇にあるツアープロどうしは、対戦相手であると同時に、お互いに連帯感も生まれます。尊敬するトップアスリートたちと交流できたことは、杉山さんの財産になりました。そこには、常に高いモチベーションを保ち、人間性を高める努力を怠らない、優れた人間力をもつ選手たちがいたそうです。彼らに共通していたのは、精神的な芯の強さと柔軟な対応力、そしてユーモア。こだわりを大切にする一方で、些細なことは一切気にしません。エネルギーの質が高く、オン・オフの切り替えがきっちりしているので、余裕をもって人生を楽しんでいました。その姿に、杉山さんは人としての豊かさとは何かを教えてもらった気がしたそうです。海外遠征などで杉山さんは中学、高校を休みがちでしたが、お母様は、生きる力は学校でなくともテニスを通じて十分育まれる、と信じていたようです。それには杉山さんも同感で、その基本は「楽しめるかどうか」だとのこと。楽しくないことは続けられませんし、続けなければ多くの能力が開花しません。スポーツは、「がんばる力」「壁を超える力」も養います。うまくいかないときには、それをどうとらえて前向きな力に転換させていくかが重要ですが、試合など、スポーツにはその力を養う機会がたくさんあります。負けてもしくじっても「大丈夫」と自分を信じる力を養う機会を、お子さんが幼いうちからつくってあげてほしいと杉山さんは言います。

ハンドル名

エラー
使用可能かチェック

使用できます。

※フルネーム(例:鈴木 花子)と誤解するハンドル名の登録はできません。

プロフィール写真

エラー

お子さまの写真登録

エラー

トップページにお子さまの写真を設定するには、情報登録が必要です。

※登録した写真は、ご自身のログイン後トップページにのみ表示されます。

お子さまの情報を登録

※お使いの端末によっては画像が添付できない場合があります。

キャンセルする 変更を完了する
閉じる

閉じる