• 利用手続き
  • ログイン

MENU

顧客個人情報の漏えいに関しまして、皆様に多大なご迷惑とご心配をおかけしていることを心よりお詫び申し上げます。

こどもちゃれんじ各種手続きと変更はこちら

子育てニュース

イギリスの保護者は、学校とどう関わる?【第15回】

夫の仕事の都合で高校生の娘と家族3人でのロンドン生活をスタートさせた、沓澤(くつざわ)糸さん。イギリスでの保護者の学校への関わり方について話してくれました。イギリスでは基本的に子どもが小学生の間は、保護者が学校への送迎をしなければなりません。それ以外で保護者が学校へ行く機会は、保護者面談や保護者会(年1~3回程度)くらいで、夕方以降に行われることが多いそうです。多くの学校が、授業参観日などを設けていません。PTAの代わりには、Friends of Schoolというものがあり、基本的に学校施設の修繕費などに充てるお金を集める活動をしているそうです。具体的にはバザーやディスコパーティーなどのイベントを企画・運営して、その収益を学校に寄付します。ほかに保護者が学校に関わる機会として、ディナーレディー(またはランチタイム・スーパーバイザー)や学校理事会などがあります。ディナーレディーは、ランチの時間、教師に代わって子どもたちを見守る有償ボランティア。学校理事会は、保護者、教員、地域の住人や教育委員会から選任され、学校運営や、校長を含む教職員の採用の判断まで行うのだそうです。イギリスでは、学校は保護者も協力して運営するものと考えられています。学校理事会に参加するには、学校・教育に関してそれなりの知識が必要で、その責任は重いもの。そのため、この経験は仕事のキャリア・実績と同じように社会で評価されるそうです。

ハンドル名

エラー
使用可能かチェック

使用できます。

※フルネーム(例:鈴木 花子)と誤解するハンドル名の登録はできません。

プロフィール写真

エラー

お子さまの写真登録

エラー

トップページにお子さまの写真を設定するには、情報登録が必要です。

※登録した写真は、ご自身のログイン後トップページにのみ表示されます。

お子さまの情報を登録

※お使いの端末によっては画像が添付できない場合があります。

キャンセルする 変更を完了する
閉じる

閉じる